1. HOME
  2. ブログ
  3. 一般送配電事業会社9社、チャット受付対応で連携

一般送配電事業会社9社、チャット受付対応で連携

北海道電力ネットワーク、東北電力ネットワーク、東京電力パワーグリッド、中部電力パワーグリッド、北陸電力送配電、関西電力送配電、中国電力ネットワーク、四国電力送配電、九州電力送配電の9社は、チャットによる問合せに対応する共通システム可し、停電や電柱・電線などの送配電設備に係るチャット問合せ対応を共同で実施するための専用センター「金沢マゼルデジタルコンタクトセンター」を石川県金沢市内に2020年9月1日に開設すると発表。

今回採用されたチャットシステムは株式会社オプテージが提供する「Enour ChatSupport」で、送配電設備に係る各種問い合わせに必要なカスタマイズを実装し、位置情報からの住所変換など必要な機能もアドオンにより機能強化。同センターでは、送配電設備に係るチャット問合せに対して、各社共通のシナリオ型チャットボットにより自動で応対。自動応対ができない問合せなどについてはオペレータにより、チャットで対応する。

また、地震や台風などによる大規模な停電が発生し、特定のサービスエリアにおいて、広域停電などによるチャット問合せ量が増加した場合には、オペレータはそのエリアの問合せ対応を優先することで、災害時でも「つながる」安心を届けることができるよう取り組んでいく。

なお、北海道電力ネットワーク、東京電力パワーグリッド、中部電力パワーグリッド、関西電力送配電および九州電力送配電の5社は、2020年9月1日の開所日同日に同センターでの連携を開始し、他の4社については2021年度からの参画を予定している。

関連記事

最新の記事

検索

特集記事

私たちアルファコムは、海外システムの輸入・販売・保守・コンサルティング・技術支援などを通じ、コンタクトセンタービジネスの発展に寄与して参りました。さらに対顧客・社内でのチャット活用により、より良いセンター運営の支援だけでなく すべての企業のコミュニケーション改革を推進しています。

もっと詳しく