ファウンダー日記

>

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 プレスリリース 出展・セミナー情報 記事掲載

【ファウンダー日記】3という数字
(その5…東京は3だけど)

東京が3というのは電話の市外局番のこと。一般的には03と言うが、0は国内局線への発信信号なので正確には3番。 因みに、1ケタの局番は大阪の6と一部地域の4の3エリアだけで、それ以外は2~4ケタになっている。但し、一般電話 ...

続きを読む

【ファウンダー日記】3という数字
(その4…明日は3月3日だ!)

2018.3.2 3月3日というと、昔からひな祭りと相場が決まっている。 我が家ではもう毎年飾ることが少なくなったお雛さまだが、何年か前の写真を探し改めて眺めてみた。 メインは、京都で見つけた木目込みの人形。これに一目惚 ...

続きを読む

【ファウンダー日記】3という数字
(その3…上り3ホール)

2017.12.22 日本のプロゴルフ・シーズンは終ったが、USでは既に新しいツアー年度が始まっている。昨シーズン3勝し、5月の全米オープンの好成績で世界ランク2位まで浮上した松山選手(現在は5位)に、今シーズンこそメジ ...

続きを読む

【ファウンダー日記】3という数字(続き)

伊集院 静氏の新聞小説「琥珀の夢―小説、鳥井信治郎と末裔」は、421回・1年3ヵ月以上に亘る連載で9月に完結した。 未だその残映が強すぎて、サントリーの社名由来も三鳥井からか、とさえ思えてくる。実際には赤玉ポートワイン・ ...

続きを読む

【ファウンダー日記】3という数字

昔、陶磁器に関心のあった時に鼎(かなえ)という文字に興味を持ち、今でも何となく鼎立という言葉を使ったりする。 三本の足で安定しているイメージが意識され、物事の仕組みや組織の中でも三本の柱というような言い方で使われることが ...

続きを読む

【ファウンダー日記】新聞で取りあげられたPazzle !!

前々回は日本経済新聞の「私の履歴書」について3氏の記事を参照し、前回は記憶に残ったコラムを取り上げた。今回は取引先関連の記事について紹介したい。 筆者は長年、海外のコールセンター用システムを国内で販売する仕事に従事してき ...

続きを読む

【ファウンダー日記】記憶に残る新聞コラム

前回は日本経済新聞の「私の履歴書」について、今年の8月から10月にかけて掲載された3氏の記事を参照したが、今回以降は肩が凝らないコラムで記憶に残っているものを紹介したい。 先ずは私のビジネスフィールドで一番大切にしなけれ ...

続きを読む

【ファウンダー日記】私の履歴書

日本経済新聞を長年に亘り購読しているが、大体は1面の見出しをチェックしたのち、大きく引っくり返し、最終面の「私の履歴書」や「交遊抄」を見ることが習慣になっている。 「交遊抄」ではたまに存じ上げている方が執筆されたり紹介さ ...

続きを読む

【ファウンダー日記】世界一の極薄ビル?

前回に引き続き、勤め先である京橋・銀座界隈の話になる。 普段は見慣れているので何とも思わないような処で、やたらカメラのシャッター音をさせている海外からの観光客が目に留まった。 何を撮っているのか、レンズを向けている先を見 ...

続きを読む

【ファウンダー日記】大根役者 発祥の地!?

勤め先の地は京橋・銀座界隈で、江戸開府からの名残りが数多く見受けられる。 かっての京橋川は今は首都高速道路の高架下になってしまったが、京橋のたもとには写真のような案内板があり、かってここには大根河岸、白魚河岸、薪河岸、竹 ...

続きを読む