1. HOME
  2. ブログ
  3. MKI、好評のWebinar「貴社のコンタクトセンターのお悩み解決します」第二弾開催

MKI、好評のWebinar「貴社のコンタクトセンターのお悩み解決します」第二弾開催

三井情報は、前回好評だったWebinar「貴社のコンタクトセンターのお悩み解決します」第二弾開催を決定。

今回のセミナーでは、現在新型コロナウイルスの影響により、急激な働き方の変化が求められる中でオペレータの安全性確保はもちろん、応対品質の維持とさらなる向上にどのように取り組んでいけばよいのかなど、各社セッションだけでなく、パネルディスカッションで今のCCの状況の共有も交えながら、今後も含めた新しいCCのあり方をご提案します。

また弊社お客様のご登壇で、クラウド化により実現できたこと、今後を見据えて検討していることなど現場の観点からお話しいただきます。

イベント情報

イベント名 貴社のコンタクトセンターのお悩み解決します~進化するコンタクトセンターと顧客情報の活かし方~
開催日  2020年10月8日(木) 15:30~17:35 ※15:20より入場可
会場  Web開催(Zoom)
主催 三井情報株式会社
協力 コミュニケーション・ブリッジ株式会社、ジェネシス・ジャパン株式会社
株式会社セールスフォース・ドットコム、テクノロジー・リンク株式会社(50音順)
対象 ・現在コロナの影響により、在宅CCの早期立ち上げをご検討されているお客様
・在宅勤務・テレワーク環境は整えたものの課題をお持ちのお客様
・デジタルチャネルを活用したセンター運用をご検討中のお客様
・新しい企業とお客様のコミュニケ―ションの在り方についてご興味のあるお客様
参加費 無料
お申込 こちらよりお申込ください。
お問合せ先 三井情報株式会社
西日本営業本部 西日本第二営業部 九州営業室
TEL : 092-263-6530

講演プログラム

15:00-15:05 開会のご挨拶
15:05-15:25 【セッション1】株式会社セールスフォース・ドットコム様
15:25-15:45 【セッション2】テクノロジー・リンク株式会社様
15:45-16:05 パネルディスカッション1
16:05-16:10 休憩
16:10-16:30 【セッション3】未定
16:30-16:50 【セッション4】ジェネシス・ジャパン株式会社様
16:50-17:10 【セッション5】コミュニケーション・ブリッジ株式会社様
17:10-17:30 パネルディスカッション2
17:30-17:35 閉会のご挨拶

プログラム詳細

株式会社セールスフォース・ドットコム様

ネクストノーマル時代に顧客の期待に応えるコンタクトセンターのカタチ

【概要】
ネクストノーマル時代を勝ち抜くために、新しいアイディアやSalesforce がご支援できることをお客様事例を交えてご説明いたします。

テクノロジー・リンク株式会社様

実際に在宅コンタクトセンターに移行したら、こんなことで困ってないですか?
“在宅勤務あるある”を解決するテクノロジー・リンク社製品のご紹介

【概要】
弊社製品であるBusylightと通録プラスの在宅業務においての活用方法や事例をケーススタディで紹介いたします。

ジェネシス・ジャパン株式会社様

Genesysポール・リッチーが語る新時代を見据えたおもてなしの形
~ここが違う!実践企業から学ぶ3つのポイント~


【概要】
消費者の情報へのアクセスは、Webから始まることが主流となってきました。そこで、コンタクトセンターではAIを活用し、お客様のWeb上での動線を把握した上で応対を行うことが求められてきます。さらにセルフサービスへのニーズも一層高まります。また、コンタクトセンター側ではオペレータの働き方が大きく見直され、場所を選ばずスモールオフィスを活用するなど選択肢が広がっています。このような新時代を見据えたおもてなしの形をGenesysポールリッチーが、実践企業の事例を踏まえて3つのポイントからお話しいたします。

コミュニケーション・ブリッジ株式会社様

これからのセンター運用に必要なポイントとは?
~Genesys Cloudと連携。コンタクトセンターに特化したチャットシステム「M-Talk」の活用と成功例~

【概要】
新型コロナウイルスの影響もあり、コンタクトセンターのオムニチャネル化の波が止まりません。この度、Genesys Cloudとの連携により、オムニチャネルでの使い勝手を強化したチャットシステム「M-Talk」のご紹介と共に最新のチャット導入成功事例についても触れさせていただきます。

関連記事

最新の記事

検索

特集記事

私たちアルファコムは、海外システムの輸入・販売・保守・コンサルティング・技術支援などを通じ、コンタクトセンタービジネスの発展に寄与して参りました。さらに対顧客・社内でのチャット活用により、より良いセンター運営の支援だけでなく すべての企業のコミュニケーション改革を推進しています。

もっと詳しく