ミライト情報システムと業務提携、「Mobile First Box® Access」Saas版 提供開始のお知らせ

>

アルファコムは、株式会社ミライト情報システムと業務提携し、PCやスマートフォン内の電話番号、メールアドレス等を一元管理し業務効率化を実現するクラウド電話帳『Mobile First Box® Access』をオンプレミス版に加え、ミライト情報システムのパプリッククラウド環境でサービス提供を可能にいたします。

顧客情報の保護に有効なクラウド電話帳ソリューションを提供開始
~電話帳データの一元管理から BYOD※1 まで、セキュアに業務効率化を実現~

アルファコム株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:野 龍次、以下「アルファコム」)と株式会社ミライト情報システム(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡本 充由、以下「ミライト情報システム」)は業務提携し、クラウド電話帳ソリューション「Mobile First Box®Access」の提供を開始いたします。本サービスは個人情報を含む電話帳データをクラウドで一元管理することにより端末紛失による情報漏えいを防ぐなど、スマートデバイスによる業務効率化やコスト削減をセキュアに実現します。

「Mobile First Box®Access」(クラウド電話帳)の 4 つの特長

  1. セキュリティ
    電話帳データは全てサーバで管理し、端末にはデータを保持しない。さらに端末紛失時には遠隔からロックができる
  2. クラウド
    オンプレ版のほか、安価でスピーディに導入ができる Saas 版をミライト情報システムのパブリッククラウド環境で提供
  3. 操作が簡単
    徹底したユーザヒアリングを実施し、ユーザの使いやすさを最重要視した画面設計でマニュアル無しで操作ができる
  4. 拡張性
    キャリア・デバイスに依存しないシステム導入ができる(マルチキャリア・マルチデバイス)

提供の背景

セキュリティ対策が課題となっているスマートデバイスのビジネス活用
現在、日本企業において、モバイル環境の充実とスマートデバイスの普及・高機能化が進んでいますが、常に情報紛失のリスクと隣り合わせとなっています。顧客情報の流出事故は後を絶たず、企業の情報管理体制が問われ、特にスマートデバイスなどのモバイル端末に記憶させて社外に持ち出す情報に対するセキュリティ対策が急務となっております。

クラウドへの一元化によりセキュアで効率的な情報管理が可能に
今回提供を開始したクラウド電話帳ソリューション「Mobile First Box®Access」は電話番号、メールアドレス等の電話帳データをクラウドで一元管理することによりスマートフォン等の紛失による情報漏えいを防ぐことができます。また、電話帳を用途別に分けられる機能やスマートフォンを内線電話として利用できる機能、メッセージング機能等の拡張機能を活用する事により、スマートフォンやタブレットのモバイル性を活かした業務の効率化やコスト削減できます。さらに、個人所有の端末を使って会社の電話番号から発信できるコールバック機能により BYOD もセキュアに実現します。

今後のサービス展開

設立当初から企業内の音声システムに関するノウハウを蓄積し、マルチキャリア・マルチベンダーなシステム開発を得意とするアル
ファコムの開発力・販売力と、長年通信建設業界のビジネス基盤を情報システムで支えてきたミライト情報システムの技術力の相
乗効果により、企業においてクラウド電話帳システムを普及させ、経費削減やよりスマートなワークスタイルの実現を促進してまいり
ます。また、Mobile First Box シリーズをビジネスシーンにおけるコミュニケーションインターフェイスの核と位置付け、スマートデバイス
を中心とした新しいワークスタイルを積極的に提案してまいります。

「Mobile First Box®Access」の機能一覧

■基本機能
・電話帳一元管理 電話帳データは全てクラウド上にあり、スマホ内には電話帳情報は存在しない
・紛失時のロック スマートフォン紛失時は、遠隔からアプリの起動をロックでき、情報流出を防止
・お知らせ機能 全体周知
・テキストメッセージング機能 個人宛 伝言メッセージ
・用途別電話帳 「全社員用」、「特定のグループ内用」、「自分用」等
・検索機能 名前・部署・電話番号・性別・任意のタグなど様々なキーワードで検索可能
・その他 ・会社の PC からもスマートフォンアプリからも閲覧可能
・電話帳データは PC で一括管理
・スマートフォンで開いた連絡先にワンタッチで電話発信可能
・キャリア提供の FMC サービスにも対応
■オプション機能
・企業内 PBX 連携機能 Cisco UCM(IP-PBX)等 PBX との連携により、社内電話として活用できる
・内線通話機能 スマートフォンを内線電話として利用
・コールピックアップ機能 固定電話端末の設置を代表電話の鳴動用など必要最小限に抑え、各自のスマートフォン内
線でピックアップ応答
・コールバック機能 スマートフォンから発信する際、「自分の番号を通知したくない」等の場合に、会社の PBX から
V 字発信させることが可能
・AD 連携機能 AD(ActiveDirectory)とユーザー情報の連携が可能
・セキュリティオプション 各種セキュリティ対策
■追加予定機能(予定)
名刺登録機能/IP ネットワークを利用した音声通話(無料内線サービス、050 サービス)

 

By