新製品(Mobile First Box® Access)提供開始のお知らせ

>

クラウド電話帳ソリューション「Mobile First Box®Access」提供開始
~Cisco Unified Communications Manager と連携~

アルファコム株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:野 龍次、以下「アルファコム」)は、PC やスマートフォン内の電話番号、メールアドレス等を一元管理するクラウド電話帳システム「Mobile First Box®Access」の提供を開始いたします。

アルファコムは、PCやスマートフォン内の電話番号、メールアドレス等を一元管理し業務効率化を実現するクラウド電話帳『Mobile First Box® Access』を提供開始いたします。

スマートデバイスによるワークスタイルの変革を「クラウド電話帳」が促進!

現在、日本企業においては、スマートデバイスを如何に活用し業務効率を向上させるかが日々模索されています。企業におけるスマートデバイスの導入パターンは大きく 2 通りに分かれますが、それぞれに課題があり、活用が加速化しない状況となっています。

【導入パターン 1】企業が従業員にデバイスを配布する→課題:デバイスを配布したものの有効な活用手段がない。
【導入パターン 2】従業員の個人端末をビジネス利用(BYOD)→課題:企業の情報管理、セキュリティー対策、課金管理

サーバで管理された名前や電話番号をネットワーク経由で簡単且つセキュアに利用できるクラウド電話帳は、上記の課題を両方
とも解決可能であり、ビジネスにおけるスマートデバイス活用の第 1 ステップとして導入するには最適なシステムとして今注目を集めて
います。

「Mobile First Box®Access」(クラウド電話帳)の特長

  1. セキュリティ向上 電話帳データは全てサーバで管理し、端末にはデータを保持しない。さらに端末紛失時には遠隔からロック
  2. 業務効率向上 PC からもスマートデバイスからも同じ電話帳が利用できる。検索や伝言機能も充実
  3. マニュアル不要!簡単操作 徹底したユーザヒアリングを実施し、ユーザの使いやすさを最重要視した画面を設計
  4. 独自開発ならではの柔軟性・拡張性 環境や使い方にあわせてカスタマイズが可能
  5. クラウド(SaaS)版を提供 オンプレ版のほか SaaS 版を提供

今後のサービス展開

設立当初から企業内の音声システムに関するノウハウを蓄積し、マルチキャリア・マルチベンダーなシステム開発を得意とするアルファコムの開発力・販売力と、長年ユニファイドコミュニケーション業界のビジネス基盤をリードしてきたシスコシステムズの製品力の相乗効果により、企業においてクラウド電話帳システムを普及させ、経費削減やよりスマートなワークスタイルの実現を促進してまいります。また、Mobile First Box シリーズをビジネスシーンにおけるコミュニケーションインターフェイスの核と位置付け、スマートデバイスを中心とした新しいワークスタイルを積極的に提案してまいります。

By