This Manamix theme produces 3 different style menus. - Please check menu one menu two menu three

ペルソナ施策・VOC分析

■お客様の声(VOC)分析サービス

最近、ビジネスにおいて、お客様・消費者の声(VOC)を重要視している企業が増えてきています。

お客様・消費者の声を収集するために、電話オペレータによるお問い合わせ内容のデータベース化、 アンケート調査の実施、ブログから収集と様々ですが、いざその内容を分析しようとしても、「時間がない」 「むずかしい」など、いろいろな問題があります。
このように、お客様・消費者の声を活用するには、いくつもの難関を越えなければなりません。

テキストマイニングで、VOCをビジネスに活用

VOCをビジネスに活かすには、声の内容をつかむことはもちろんのこと、傾向や量、
時系列変化や属性ごとの特徴などを総合的に把握する必要があります。

情報工房様ではVOCを、テキストマイニングを行うことにより、 膨大なテキストデータを効率よく可視化し報告いたします。
新ビジネスアイデアやサービスを考えるための ヒントを、VOCから導き出し、提供いたします。

■システム導入で満足していませんか?
「CRMシステムを導入したが、思ったほど成果が上がらない」⇒その成否を左右するものは一体何なのでしょう。

システム導入で満足してしまい、戦略なきコミュニケーションになっていませんか?
効果的なCRMとは物理的なシステム設置ではなく、絶えず顧客の声に耳を傾け、その声の中から次の一手が 生まれてくるコミュニケーションを設計できるかにかかっています。
■コミュニケーションをデザインするという考え方
顧客との関係構築に優れた企業は、独自のコミュニケーション戦略を持っています。
インターネットでも電話でもカタログでも、メディアを問わず、顧客を一歩先に導くための道筋が存在しているのです。 

情報工房がご提供するコンサルティングサービスは、クライアントの現状の問題点を徹底的に洗い出し、 クライアントの目標達成へ向けた最適なコミュニケーションを設計いたします。
CRM実施後の顧客レスポンスを次のコミュニケーションにフィードバックさせ、クライアントと顧客の密接な関係を維持し 発展させていきます。
■顧客創造のスパイラル




  • きめ細かいマーケティング・コミュニケーションを実現することが可能
  • 継続的コミュニケーションと顧客管理により、顧客育成が可能
  • One to Oneマーケティングによる双方向コミュニケーションが可能
  • 他のメディアとの連動により効果が増大
■外部コンサルタント
宮脇 一

情報工房株式会社 代表取締役社長

【プロフィール】
  • 昭和57年11月  日本電信電話公社(現NTT)入社
  • 平成 3年  NTTテレマーケティングセンター(コミュニケーション研究所)勤務 
  • 平成 7年  NTTテレマーケティング(現NTTSOLCO)にて東京出向
  • 平成 9年  同社大阪支店設立と同時に責任者として帰阪
  • 平成13年  NTTSOLCO退社
  • 同年 8月  情報工房株式会社 代表取締役に就任

コンピューターテレフォニーや月刊「アイ・エム・プレス」に多数連載。
コールセンター発ペルソナデザイン施策に力を入れ展開。 
上記施策を中心に、国内外のコンタクトセンターアワードにて様々な賞を受賞。 多業種にわたる企業様とVOCをテーマに取り組んでいる。

VOC活用コンサルティング

取扱い製品

新製品

チャットSmart M Talk
働きやすいコールセンターへ
通話録音システムVoistore
センター運用の現場で高い評価

LINE WORKS 
ビジネス版LINE新登場!
セキュアに社内チャットコミュニケーション
友だち追加数